あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

社会

日本のデフレは財務省の緊縮増税教理と共にある

近頃日本の政経関連の新書をいくつか読んでいて大変なやましいこととなっています。というのも著者によって評価が大きくわかれる事柄があるからです。それは安倍内閣というよりは安倍晋三元首相の政治的姿勢・思考と民主党政権についてです。 日本デフレ期概…

メイジーニアス:2024年搾取問題

人口ボーナスの惰性が法や慣習の硬直化をみせ搾取構造を保存してきました。 超少子高齢化社会の到来により人口ボーナスが人口オーナスへと転調して久しくも有効な手段を効することができず旧態依然とした方法を進めてきたゆがみが矯正されることを示す1つの…

自民党の正しい斬り方

自民党、つまり自由民主党。 これを自由-民主-党と切って読んでいるから本質を捉えそこねるのです。 このように読んでしまうとさも市民に重きをおいた人民のための政党かのような印象を抱いてしまいます。 しかしそうではない。 正しくは自由民-主-党と区切…

極端な国に極端あれかし

LGBTQやクオータ制など「日本の未来を憂いて…」みたいな独善を振りかざして批判するひとがいますが、その結果、追い込まれて自ら命を断ってしまうひとが増えたのでは本末転倒。問題の深刻化に寄与しているだけ。人口は減り、それこそ未来の納税者も納税額も…

遵法あっぷあっぷ

日本における(ひいては世界においても共通する)経済や人口や自殺といった数々の問題はルーツを一にし、その解決策は同根なのではないかとおもいます。 つまりそれは賃金。 韓国の賃金水準、日本並みに | 地域・分析レポート - 海外ビジネス情報 - ジェトロ …

民主主義の名を冠した暴力

直接的物理的暴力に対して(民主主義への否定と)批判することは当然で正当でそうあるべきものです。 ただ、あまりにそのことがショッキングでセンセーショナルで顕在的であるばかりに潜在的な暴力に霞がかかり、その影響力が過小評価されてしまうことには強い…

ネーミングに見る日本社会の硬直性かな

おやじギャグというものがありますが、オヤジが「おやじギャグ」を言ってしまうのは脳機能の低下による"抑制の効かなさ"によるものなのだそうです。 年寄ると下とおなじでゆるくなってしまい何かの拍子でついつい放出されてしまうものなのでしょうね。 単に…

紙幣の図柄刷新に際しておもう令和元年

新紙幣私案 すでに決まってしまいもう発表もされてしまったのでどうしようもないことではありますが… 1,000円札は平成天皇、5,000円札は持統天皇、10,000円札は神武天皇 でいいじゃない。 日本の紙幣なわけだし、THE日本人なわけだし、月岡芳年のあの印象的…

昨今の指導者の”指導力不足"に触れておもうところ

マネジメント能力の欠けた敏腕経営者 昭和中期以降のいわゆる「成功者」といわれる経営者の大半は、生産力や製造技術がまだ未熟で、かつ人口が拡大局面にあったため、ある程度つくればつくるほど売れるという供給力が需要を牽引することができた近代の主流派…

ルールを守る必要のないひとがつくるルール

「部外者」のルール 企業や学校など、その組織内の規則を決めるのは常にその規則の「外に」いるひと。 自分はその規則の適用範囲外の安全圏にあるものだから平気で不合理な規則をつくったり、それが非合理的な規則であることに気づかないし気づけない。 その…

機能・形態・デザイン

生活感のない設計 加湿器のタンクってなぜにどれもこれも縦長なんでしょう? 縦に長いものだからシンクで給水しづらいったらありゃしない。 いったんヤカンかなにかに水をくんで、それを介して給水すればいいのでしょうけれども、1アクション多くてめんどう…

すでに完成していた!?パノプティコン

現代に降誕したパノプティコン ジェレミー・ベンサムが考案し、そのおよそ150年後にミシェル・フーコーが『監獄の誕生-監視と処罰』にて取り上げた全方位監視システム「Panopticon(パノプティコン)」。 ベンサム自身パノプティコン建設に私財を投じてその実…

"法の精神"を蝕む長時間労働

現在、長時間労働といってまず思い浮かぶ産業は配送業でしょう(←例の印象的な映像とかね)。 そしてこれは以前、聞きかじってはいたのですが高速(道路)催眠現象(ハイウェイ・ヒプノーシス)。 長時間労働による睡眠不足で判断力の低下。 加えて高速道路催眠…

野性味あふれる「人間の家畜化」批判

ベーシックインカムは人間の家畜化を進めると懸念される方がちらほらおりますが、そうおっしゃる方の多くは比較的現状に不満のない状況にあるからなのではないかとおもうのです。 おのが生活の「現状維持」や「安定」のためのバイアスがかかっているのではな…

金融資本主義にイグ・ノーベル賞をあげたい

イグ・ノーベル賞最有力候補!? 2016年、これで10年連続日本人受賞となるイグ・ノーベル賞。 その研究テーマは股のぞきをすると実際よりも小さく見えるという「股のぞき効果」についてでした。 ところで、お金を稼ぐとか回すとかそういったことではなく、貨…

政権伝説:黄昏のレガシー

安倍政権のレガシーにはなにが連ねられるでしょう? 民主党に崩された古き悪しき自民党体制を修復し、国や国民からお金を巻き上げておいてそれを海外に流し身内に配りしてお金を使い倒したということぐらいの功績しか目につかないのですが、なにか光る鉱石残…

生産性を高めるには追加報酬をお金ではなくプレゼントにした方がいいよ。と言われても素直には信じられないもの

お金とプレゼント、どっちがいい? 『オイコノミア いくらで働く?賃金の経済学』で、交換贈与についての実験が紹介されていましたが、プレゼントでも何でも他人からなにかをもらうということが苦手なわたしには、生産効率に有意な差は認められないのではな…

ひどく狭量な多様性

外来ダイバー 外来種には天敵がいないため猛スピードで繁殖し在来種を追いやって勢力を拡大します。そして生態系に重篤な影響を及ぼします。 生態系を乱すことはとても簡単なことで、ほんの数匹の外来種を放てば事足ります。反対にそれまで安定していた生態…

対等な公開インタビュー

世界大会7連覇中で逆転優勝をはたしたリオ五輪体操男子個人総合の競技後の記者会見で、ある記者が内村航平さんに「わずか0.1ポイント差の勝利です。あなたは審判から同情を受けたと思いませんか?」と質問しました。 この前後の経過は省略しますが、なんとい…

党首ご挨拶

結党宣言 香ばしい芳香を放つおいしそうな情報を目の前にちらつかされると本能的かつ反射的に飛びついてしまい、あっちにふらふら~、こっちにふらふら~、立ち位置おぼつかず。 非難にあえば宗旨を替えて、批判に遭ってはすぐ口をつぐむ。 縦横無尽に叩かれ…

ナマ真名シイ忌み名

わたしが名付けなくてもだれかが名付ける。 名付けられたものは値踏みされる。 わたしは値付けたくないのにだれかが値付ける。 値付けられるものは名付けられる。 値付いたものには名がある。 まだ名付けられていないものをだれよりもいち早くみつけて値踏み…

落ち目の「楽天」にのっかって上がれるかどうかの実験記事

ちょうらくてん いまいちGoogle Search Consoleやアナリティクスなど、アクセス解析の見方・使い方(そもそもあまり興味がない)がわからないのですけれども、どうやら「おまかせtoto 解除」など、こちら方面のことを知りたくて当ブログに漂着される方がもっ…

奴隷は死なず。悪人と自由人はよく眠る。

自由人思考 「今の仕事がそんなにいやなら辞めればいい」と言えるのは金銭的余裕を手にした労働から解放された人。 もう労働から解放されているので労働に煩わされず、すでに労働から解放されているのでさらに労働について考えることがない自由人。 古代ギリ…

広い視野から永い視野を目指すことへとシフトする持続可能な社会

持続可能な永い視野 広島・長崎への原爆投下により数十万人の命が奪われました。そしてその後も放射能を残し健康を害しながく影響を与え続けています。 オッペンハイマーさんをはじめとして、この出来事は科学者に重い十字架を背負わせ、科学者の罪と責任を…

労働力の供出を迫る現代の交換社会

労働と人間性のトレードオフ 重さと長さのように単位の違うものや次元の異なるものを比較しているようなものなのに、このような学とは言えないものを持ちだしてさも経済学に基いているかのように装っています。 院外の社会生活習慣病 病院等の公共施設には今…

誠実で一生懸命なひとほど生きづらそうな不均衡

とめどない不均衡 「無罪を勝ち取る」と言われますが、「無罪」は勝ち取るものなの? 誰と争っているの? なにを争っているの? 係争って…へぇ~そう。 「勝ち取る」に対義語があるとするのなら、「負け棄てる」となるかとおもいますが、それなら無罪を勝ち…

秘密の力

ながいです。まとまってないです。ごめんなさい。m(_ _)m ひとには知らされない秘密の秘密 秘密には力があります。 秘密が力をもつのは秘密が秘密であるから。 秘密であるというのは独占的であるということ。 独占的であるというのは先進的であるということ…

こまった大人

まあまあここは落ち着いて考えてみましょうよ 怒らなければ伝わらないという考えは、怒鳴らず伝えようとする努力を怠っているか、自分を変えることを頑なに拒絶しているだけのわがままものなのではないかとおもいます。 まわりにいる関係のない者まで不快な…

人生と仕事のバランス

命を削るworklife。命を長らえるlifework。 アーレントさんは人間の活動力には3つあると分析しました。 これと似たようにワーク(仕事)にも3つあると分析する見方があるそうです。 ライスワーク(rice work):食べるための仕事 ライクワーク(like work)…

おもろかったらええのんか?笑いはそんなにエライんか?

笑える人。笑えない人。笑う人。 フランク・ミュラーが特許庁に対し「フランク三浦」の商標登録取り消しを求めた裁判において、フランク・ミュラー側の訴えを退ける判決が下されました。 おもろかったらそれでええんか? この判決に対してわたしはつよい憤り…