あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

「○○はアートなのか?」と問うのはもうやめにしよう

アートを主語にする

 たとえば「フィギュアはアートなのか?」といったように「○○はアートなのか?」と問うことはもうやめて、「アート(と)は○○なのか?」や「アートではないものは何か?」と問題提起してゆくときがきたのではないかとおもう。

 

 これは(本質的には)「アートとはなにか?」を問う変則変形変異体であり、それを可能としているのはアートのもつ汎神論的性格にあるとおもう。

 

 というのも「人生はアートだ」とか「分子の結晶構造はアートのようだ」とか「絵になる風景」「芸術的な犯行手口」といった言い方はまったく不自然ではなく成立しており、それはあまりにも抽象的なものでも曖昧なものでも目に見えないものでも単なる空想の産物でも汚らわしいものであってさえも”アート”の名が冠され違和感なく存在するのだから。

 

述語なアート

 こどもや動物の描いた絵に美(の片鱗)を見出したりアートとして受容されていたり、そもそも「そんなものはアートではない」と微塵も疑っていない人や場合があります。

 

 立場や関係性などの謂わば物語や背景といった物質的な作品には一切あらわれない、部外者・他者にしてみればなんの価値もない事物が、その作品の決定的な評価基準となっているアートがあります。直截に言って「そんなものはひとによる」といったものです。

 

 ひとによるわ、作者によるわ、物語・背景によるわ、で、こんなんで「あれはアートで、あれはアートじゃない」なんて論争は喧騒でしかないようにおもう。

 

 そんな不毛なことはもうやめにして、「コレはアートかアートではないか」ではなく「なにがアートか、アートとはなにか」を考えた方が建設的ではないだろうかと。

 

 物体としてはすでに消失してしまっていても、また意図的にそうしたものも記録ばかりか記憶にしか残っていない、後にはその記憶でさえ失われてしまう一瞬や出来事、目には見えず跡形もなく消え去ってしまうものでさえアートといわれるものもあるわけですし…

 

 ということで、世の中み~んなぜ~んぶアート。

 特に作者や鑑賞者が「これはアートだ」と宣言し主張するものに至っては疑う余地なく紛うことなくアートだと決定!おめでとう、おめでたい。これでいいのだ。

 

アートがランラン

 アートが氾濫すればその価値は目減りし凡庸となって怠惰な世界観が蔓延する。

 あるいはアートの汎神論性から、すべてが高貴となり光輝な世界で満たされる。

 この相反するふたつの価値観、世界像のせめぎ合いの結果、どちらか一方の一色に染まらない世界観でバランスしているのが現在という今のアート観を形成しているのかもしれない。

 もしくは、どちらにも完全に傾ききらない姿勢、その曖昧さとそれがもたらす混乱や混迷はアートの反乱なのかもしれない。

全知全能の存在はひとの願望が投影されたもの

 全知全能というけれど、それが人格をもつものであるのなら、それは全知全能の存在を信じるひとの願望が投影されたものではないでしょうか。

 

 全知全能の存在を語る前に、まず前知とはなにか、全能とはなにか、ほかの言い方をすると「知る」とはなにか、"知"や知性といったものはなにか、どういうものか、知そのものとは、能力とは、力とはなにかを解明しなければなりません。少なくとも、それを定義づけなければなりません。

 

叡智な子の親は全知か?

 わたしたちは「全知(の存在)」を過大評価してはいないでしょうか。『オーバーロード』のアインズとデミウルゴスアルベドらの関係のように。創造主・造物主にまさる被創造物がいるかもしれないし、いてもおかしくはないでしょう。創造主であるから全知であるはずだとか、造物主であるから全能でなければならないということはないでしょう。

 創造主=全知、造物主=全能といった根拠のない等号関係、そんなバイアスが無意識のうちにかかってはいないでしょうか。だって…卑近な例になるけど…親が全知で祖父母が全能、曽祖父母に至っては造物主なんだぜ!…ってことはないでしょう。鳶が鷹を生むってこともあるし、蛙の子は蛙ってこともあるし…。

 

至高の御方を疑う不敬

 どっかの神様は、その信仰心を試すために息子を殺すように要求したんだってさ。そしたらその親父さんほんとに息子を殺そうとしたんだよ。

 もしその神様が全知全能だとしたらさ、自分がそんなこと要求したらどうなるかなんて言わなくても、また、実際に行動させなくてもすでにまるっとまるごとすべてお見通しだよね。それをわかった上で要求するってお戯れが過ぎます至高の御方。

 実際にはどうなるかはわからないということならあやしい全知、範囲限定的な全知…って、それ全知?

 知るということと心のありようは別物で、そこまではわからないということなら話はまた振り出しで、じゃあ"知(そのもの)"ってなぁに?

 

 それに…全知全能だと万能であるためになにごとにも興味をもてないのではないかとおもう。はじめのうちは万能感に満たされておもしろかったのかもしれないけれど、そんなことが何年、何十年、何百年ぐらいならまだしも、何千、何万年と過ぎても関心を持ち続けられるのかな?

 無関心な神は人間の夢を見るかなぁ?

 

 人格神って無理ない?(人格)神に夢や希望、期待を背負わせすぎてない、にんげん。この世に一見さんのニンゲンさんよぉ。

 

 創造されなければその秀でた知性を発揮することもできなかったのだから、その手柄は創造主に付与・献上・寄託(言葉はなんでもいいや)されてもいいとはおもう(そこはそのひと個人の考えや気持ちで)けれど、その内容までも、その知が神に劣るものだとまでは卑下しなくてもいいのではないかとおもう。自惚れないためだとか畏敬の念を込めてってことならわかるけれど。

 

 汎神論的世界、世界は一つ、すべてでひとつなんだ的な世界であれば、上も下も、貴賤も優劣も(本質的には)ないからなにもおもうことはないだろうけれど、そうではなく、ましてや人格神となるとねぇ~あなた。

 

信じるあなたの隣に人格が宿る

 それじゃあ全知全能の神ってなんなんだろうね。誰が言い出して誰がそれを信じているのだろう…って、そりゃあそれを信じたいひとたちだよね。

 神はそうあってほしい、神が神であるためには、神が神であるのならば、そうでなければならない。神がひとに劣るわけがない。至高の御方は常にわれわれの上におられるお方。自分よりなにかひとつでも劣るところがあるものを崇敬したり尊重したり信奉したり全権委譲なんかしたりしたくない。って気持ちが潜んでいるんだろうね。

 

 もし人格神を信じるのなら、なにか劣るところがあってもいいじゃない、にんげんっぽくてもいいじゃない。にんげんだもの。人格あるんだもの。それを敬えないの?かわいらしくていいじゃない。親しみあるじゃない。実際、地域とか関係なく、神話に出てくる神様ってみんな人間臭強いよ。ぷんぷんするよー。にんげんくさいよ~。

 

大黒柱を支える心礎

 組織のトップが最も優秀でなければならないってことないじゃない。

 むしろトップは思いつきで突っ走る少々やんちゃな割と手のかかるタイプだったりするけれど、宰相・副将・軍師・二番手が現実的で実直、事務処理能力高くてトップの無茶苦茶で不可能だとおもわれた難癖…もとい想像の産物をちゃんと形にするのってたいてい二番手の仕事だよね。トップよりも二番手の方が能力高いこと多いよね。でもさりとて二番手がトップになると力発揮されないよね。礎石がないと柱は沈みやすく傾きやすく腐りやすい。

 まあなんにせよ、トップは何事においても一番だとは限らないし、そうでなければならないなんて必然性やきまりなんてないよね。

 

 『オーバーロード』は圧倒的な力を持つ者とその下僕・信奉者・民との関係や心理について探るのにも示唆的でよいとおもう。

 神や全知全能についての考察かとおもいきや『オーバーロード』の読中感でした。

美術は技巧、アートは鮮度が命

 とくに日本において美術とアートとは常に同義ではありません。

 また、すべての美術、アートがそうであるわけではありませんが、昨今の傾向として美術は技巧、アートは新規性を土台としているものとして使い分け・言い分けられているように感じます。

 そこでここでは美術とアートとはそういったものだと措定して話をすすめます。
blue, orange, and blue fish illustration

 

技巧の美術

 日本において「美術家・芸術家」なるものは中世あたりまではいなかったのではないかとおもいます。

 これは古代日本人には美意識や技能がなかったということではなく、作者個人の表現、自由な創造物、独立した意思の表出手段を行使する・行使できる方法や場所、環境がなく、その意味で美術家・芸術家は不在でした。

 もしこのころ「美術家・芸術家」にあたるようなひとがいたとしたら、それは作成者ではなくむしろその依頼者に与えられる称号でした。

 たとえば今でも「安土城は大工の棟梁・岡部又右衛門が造ったとは言われず、織田信長が築城した」とか「名跡や襲名のように独立した個人・個性よりも家や技芸が前面に出される」といったように、企画・発案者が製作・製造者に指揮してつくらせ、作者・製作者・生産者・クリエイターよりも発案・企画・制作・統括・責任者・(日本語での)プロデューサー・ディレクターが美術・芸術家として名を残しています。

 企図した者ではなく実際に製作した者には美意識がなかったわけではけっしてありませんが(でなければたとえ指示下にあったとしてもあれほど美しいものを生み出すことはできなかったでしょう)、彼ら自身みずからを「職人」と自負・呼称していたのです。

 今も昔も工房制作はわかりやすく、その作者名には企画・指揮者の個人名かその主催する団体名が冠され、実際に制作した個々個人の名や功績は論文共著者として末席に置かれることすらないほどに表には出てこない・出されないことの方が多いのです。

 

 また職人のつくるものであったので、装飾美よりも用の美、より生活に近しいもので当時よりも後世、および当世において美を見いだされる機能的なもの、現代的な言い方をすれば機能主義的な意図を基礎にもつものがつくられました。鎌倉期の胴田貫などは好例ではないでしょうか。

 権力者に依頼されてつくった精緻を極めた豪奢なものであっても(無理やりな苦しい解釈をすれば)「これだけの技能をもつものを抱え、存分にその力を発揮させられるだけの資金は芳醇、であるから楯突き反抗しても敵わないと無言のうちに視覚的に相手を威圧し悟らせ、反抗の目を未然に防ぐ」という実用性があり、権威の表出としての機能性があったともいえなくもなくもないかと…。

 

鮮度のアート

 アート、特に現代アートは機能主義に反抗して生まれたという側面ももちます。それは機能面を追求し失われゆく人間性、産業資本主義の進展・浸透とともにライン製造・流れ作業の中に組み込まれてゆく人間身体、人間の機械化、製造する機械としての人間、こんな時代の風潮とも相まって、その反発力は少しずつ蓄えられ、あるとき臨界点を突破してアートシーンへも波及し反機能主義の機運が高まったことでしょう。(コピー技術や科学技術の発見や発展によって、機能主義を批判していたものが後に別の機能主義の上に立脚するようにもなりましたが…)ド派手な言い方をすれば、美術のルネサンス期が来たと鼻息荒くしたひともいたことでしょう。

 

 そうして生まれた極端な気運「ひとの後追いは自由の束縛」と言わんばかりの新規開拓、フロンティア、とにかくまだだれもやっていない新しいことの探求、「新規性とは自由(性の発揮のこと)かな」と、目新しいもの、目を引くものが大量生産された時期がありました。

 そして確かにそのころ美術界のゴールドラッシュ、プチバブル、アートバブルが起きたのでした。

※アートバブル(に限らずバブル全般)はダブついて行き場を失ったカネが堰を切ってアートシーンへと流れ込んできたという現象も伴うものでもありました。とくにこの頃のアートバブルは反機能主義と新規性の興隆、資本主義社会の進展による人間性の喪失感と資本(カネ)の飛躍的な拡大と増大といういくつもの大きな潮流が混流・混濁して現象したひとつの徴でした。

 

 こうして足早に生まれた宿命か、❝鮮度❞が命のアートが乱立し、ゆえに時とともに急速に力を失ってゆく。“力“の半減期・減衰期がはやい。

 一作品のうちにだけでも起こる価値の乱高下(たとえば作者がある事件を起こし、その希少性のために価値が高騰したり、または反対にその秘境卑劣さのゆえに価値が急落したり)や嗜好潮流の変化など、現代は人口も資本も増加の一途を辿っているためか投機的利便性も相まってその価値は増加か高止まり傾向にありますが、ひとたびこれらが縮減傾向を見せると市場は敏感に反応し下落。(これはアートだけに限らず美術全般においてもいえることですが)市場動向とあまり連動せず自立自存の価値を保ち続けられるアート・作品がどれほどあることでしょう。

 

 美術には「術」の字があてられています。芸術ともなると「芸」と「術」のいずれも習得過程を経て得られる技巧を表す字があてられています。時間の厚み、修練や経験の厚み、そうして獲得し血肉化した技能・技芸。こうして作出されたものにはいやが上にも”力”が宿り、そうでないものと比して価値を有して後世へも残存する確率を高めることでしょう。

 ただしこれは制作にどれだけの時間を要するかということではありません。それは「私はこの絵【黒と金色のノクターン - 落下する花火】を全生涯の経験によって描いた」とホイッスラーの豪語するが如く。

 技巧を土台としているため時間の風雪に耐え、技量のある上での破壊や崩しだから成り立つものがあります。「守」「破」を経た上での「離」であるからこそ制作期間2日ほどであっても“力”が宿るのでしょう。

 技能・技工を得るまでに費やした時間は甚大でも、それに比して、その技能・技工の発揮・発露に要する時間は僅かだということです。そしてまた、その時間を僅かとしているのも技能・技工のうち、その為せる技。(ちなみに、技能・技工というのは足し算ではなく掛け算で発現するものではないかとおもいます。技量が上がればより高度となり、要する時間は短縮される。)

 

“力“をもったアート

 しかしながら、そんな拙速なアート、アートシーンにあっても力、“新規性“ともまた異なった魔力ともいいうるような強力な生力を宿したものがあります。それはたとえば“根気“、たとえば“物語(性)“といったものたち。

 

 根気が力となる場合があります。おびただしい点、数え切れない水玉や丸、最後は偶然の女神に委ねられるにしてもその前までは入念な準備、知識の蓄積、意図、企図、企画、経験、試験、時間、それまでに、そこに至るまでに身につけた技量、努力の結晶。根気の振動、そこに込められた根気の波動が(目には見えなかったり、ときとして目に見える形で)“力“として付与されることがあります。

 新しいことでもそれを続けるには技能の向上を要するものや数を重ねて自ずと技芸が亢進することがあります。

 

 作品自体の良し悪し(だけ)ではなく、作者の言動や作品の来歴、製作工程・過程や時代や出来事との邂逅などなど…から“力“を与えられ、力を得ることが度々あります。

 いつどこで誰がつくったかということで最高峰・最高度の価値を有するのは古代のひとの手からなる洞窟壁画や土器などでしょう。

 また、美を追求してつくられたのではなく、日常品やそれにほんの少し加えられた❝遊び心❞や些細な装飾に後のひとが❝(用の)美を見出し❞た温故知新、民藝運動

 時代を画したデュシャンやウォーホル、ジョン・ケージら革新者。

 作品自体に稚拙さや曖昧さ、容易さや完成度の低さがあってもそれを補ってあまりあるほどの歴史や物語といった力を纏っています。(新規性も”新規性“という物語が付加されているともいえるのでしょう。)

 

 たとえばバンクシーの絵から物語性を取り除いたら、つまり名前や匿名性、神出鬼没や描かれた場所と意味など、その記号を取り払ったとき、その作品単体だけで、それでもその作品は現在のように評価されあれほどの高値で取引されるでしょうか。シュレッダーにかけて作品を棄損したら作者の意図とは裏腹に、さらに値を上げてしまうという新たな物語が生み出されるでしょうか。

 

ヒト感動ウイルス感染中

※ウイルスはヒトの誕生や生物の進化に寄与してきたということで

 とはいえひとは新規性を求めます。ホーミー、ユニゾンベートーヴェンのピアノ(音階や音量、和音に技法など)探求、カノンは掠れボカロの勃興、テクノ、多重音声…と、今日においてもまだまだ新しい音を探している最中。

 そうかと思えばクラシックは何度も何度も❝再演・再現❞されている。感動にあうために。美しさを求めて。

 新規なアートは時を得て、技を経て芸術となる。

 結局のところひとは、新しかろうが古かろうが、感動を欲する感動中毒罹患者なのでしょう。それが切れると新しさを貪ったり古いものを掘り返したりせずにはいられないというだけのことなのかもしれませんね。

それを信用と呼ばず期待と言おう

 信頼に傷がつく、信頼を損なう、信頼関係に与信管理、信用調査に信用貸し、株式信用取引信用創造

 

 信用や信頼なんて言葉を使うからややこしかったり勘違いしたりするのだ。

 だからこれからは「信用」なんて言わず「期待」と言おう。

 

 期待に傷つく、期待を損なう、期待関係に期待(値)管理、期待(値)調査に期待貸し、株式期待取引に期待創造…

 

 信頼に傷がついたり損なったりするとヘビーな感じがするけれど、期待に傷がついたところで屁でもないし、期待を損なったところで「ごめんね~」ぐらいの軽みが出てきませんか?期待を裏切っているのでそれほどの軽みはないか…。

 

期待はライトでヘビー級な信用

 「信用」を「期待」とした方が信用が(少し損なわれて)よりライトなものとなり、より意図した通り期待した通り、より実測・実感・経験に近く、より正しく世相を映したライトなものになる気がするのですよ。

 

 これまでがあまりに「信用」に信用・信頼を寄せすぎ、多用・乱用しすぎているきらいがあって、当世、この浮世がなんだか気持ち悪く居心地が悪い感じがするのです。

 

 社会は信用よりも期待でなりたっているのではないかとおもいます。

 経済はその傾向がよりいっそう強いようにおもいます。

 

 この国は来年もあるからこのお金は来年も価値を保持していられる。

 お金を貸すのもそのひと(の返済能力)を信用しているからというよりも(利息付きで)返済される公算が高いと見込んでいるから、期待しているから。

 

 「信用度」ではなく「期待値」と言ってしまえばいい。そのほうがよりドライでドラスティックな分、メンタル傷つけられる度合いと頻度が減るのではないかとおもうのですが…いかがですか?

 

 「あなたには信用がない」と言われるより「あなたには期待がもてない」と言われるほうがまだましな気がする。

 

 「信用がない」と言われると「(まだほんの2、3度あっただけでわたしの性格も内面も知らない)あなたに私のなにがわかるの!」と怒りを覚えること度々なのに対して「期待がない」と言われると「(実績も後ろ盾も、保険も担保も、若さも学歴もないから)ですよね~」となりませんか?

 

 受け取り方はひとそれぞれかな?

 でも、「期待」は「信用」ほど人格を傷つけない感じがするのです個人的には。

 

待望の神

 神の神たるゆえん、それは実際に神であるかどうか(真実性・事実性)ということ以上に神であると信じられているかどうか(信仰・信頼・依存)にかかっている。と、罰当たりにもおもっています。

 

 神の実在性を証明することはできないけれど、それを神であるとみなし信じることはできる。信者にはそれで十分。実在性も証明済みの事柄であり、間違いなく疑う余地なく確実に存在している。そして実際にそうである。唯名論にはすでにQ.E.D.。証明不可能でも「おるもんはおんねやもん」と言い切られれば、少なくともそのひとの概念として(そういう❝形❞をとって)いてはるのです。

 

 ゆえに神の神たるゆえんは信じられているかどうか。

 こうして神と信者とは対等とも共依存関係であるともいえるかとおもいます。

 

 すると神の新たな❝人物像❞が浮かび上がっては来はしないでしょうか。

 つまり❝情報❞としての神。

 

 神は従来考えられていたような創造主、世界や生物を生み出した存在なのではなく(正確には、そのような神の存在はたとえ神自身であっても証明不可能であるため考察対象外として…)信仰心が生み出す概念という情報としての神、振動としての神、振動する神、わたしたち振動するものと同じ地平に属する地続きの存在、信用されている神、期待された神、期待されている神という姿が浮かび上がっては来はしないでしょうか神だけに。