あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

メイジーニアス:2024年搾取問題

人口ボーナスの惰性が法や慣習の硬直化をみせ搾取構造を保存してきました。

超少子高齢化社会の到来により人口ボーナスが人口オーナスへと転調して久しくも有効な手段を効することができず旧態依然とした方法を進めてきたゆがみが矯正されることを示す1つのランドマーク、エポックメイキング的な出来事が2024年問題。

 

すべてではないにしろ大きく寄与した人口ボーナスによる成功体験に取りつかれて、経済の不調も賃金を抑えて労働時間を延ばすことで乗り切ろうとし、それがいつしか、それも間もなく手段から目的化して搾取構造が黙認されてきました。

 

企業も政府も仕方がない、それが当然だと問題視することも少なく常態化し、それを変革しようとの兆しがみえると抑圧さえしてきました。

労働者の時間やお金を奪うことを搾取と言わずしてなんというでしょう。

 

この剛情な搾取体制がゆらぎ始めたのは企業や政府がこれまでの行いを反省して改革に一歩踏み出したからではなく、これまでの体制を維持することができないほどに人口オーナス圧力が高まったからに過ぎません。

 

事務職もそうですがドライバー職というのはただ座っているだけの単調作業とまではいわないまでも座ってばかりいるラクで創造性のない仕事だとあなどられているフシがあるようにおもわれます。だから低賃金長時間労働がながらく放置されてきたのでしょう。

反対に建設業や医師は座ってばかりはいられない高度で創造性の求められる仕事ではあるけれどそれに見合った対価が得られているとの偏見をもたれている節があるようにおもわれます。インフラや疾病など命や生活に関わる職にあるのだから使命感を持って長時間労働を厭うなとながらく放置されてきたのでしょう。

 

しかしそうもいっていられないほどに生産年齢人口が減ってしまってにっちもさっちもいかず法施行までに5年の猶予があったにも関わらず2024年問題が急に降って湧いたかのようなここ数か月の狂奔。

 

想像してみてください。もし仮に今、これほどまでに少子高齢化も人口減少化も進んでいなかったとしたら、果たしてこれほどまでに変革の兆しが見られたでしょうか。きっとこれまでの日本のやり方は間違っていなかったのだ、日本はこの体制・慣習があったがためにうまくやってこれたのだと未だに過去の幻想的な成功体験の亡霊に取りつかれていたことでしょう。

少子高齢化と人口減少が起きなかった日本において、それでも変わらない日本とそれでも変わる日本、どちらの日本が想像されますか。

 

昭和の種々の争議や闘争の失敗が現在にまで続く体制・慣習の硬直化に大きく影響している出来事のひとつでしょう。

あれほどの大きなうねりであっても変わらなかったという諦観と厭世観。状況によっては不条理も不合理も黙して飲み込む忍従姿勢とそれを当然視することを暗に強要する社会圧力。

 

日本には「察する」「忖度」といった「一事が万事」的な風潮がありますが、経緯や思惑がどうあろうといったん決まってしまうと慣習も法律も憲法でさえ時代にそぐわなくなろうと欠陥が見つかろうと堅持されてしまうという「一時が万時」な風潮も根強く残っています。

冤罪事件の結審もあることながら再審に至るまでが法外に長いこともそのひとつです。なかでも袴田事件については当事者および関係者が亡くなるのを待っているかのような不誠実極まりない所業。

それに対して大川原化工機の提訴は勝訴と結審し画期となってほしいところです。その余波は企業事件にとどまらないはずだから。そう願いたい。

 

国内に改善基調が生じるのはたいてい決まって外圧によるものです。自浄作用をもつ組織は国内には実に少ない。

 

日本が世界的にも(領土の広さではなく)軍事や経済において大国であった頃を振り返ってみると、(縄文、)戦国、高度経済成長期(団塊の世代)と人口の多かった時期と符合します。人口だけが成長因子ではありませんが大きな要因のひとつです。

 

政治家のいう単なる建前の「抜本的改革」ではなく真の意味での抜本的な改革が起きるのは想定されていようといまいと外圧の訪れた後です。

オイルショックにコロナショック、定住革命からAI革命。黒船が来ることは一部のひとには予期されていましたし機械に既存の仕事が奪われる(というよりも代替される)ことも時間の問題というだけで明らかなことでした。超少子高齢化社会の到来や先端技術分野から離されてゆくことも何十年も前から自明の理でした。生産性の低さも過労死がkaroshiになる前からわかっていたことです。台風などの災害発生時に日常を送る必要はなく出勤などしない方がよいことはコロナ蔓延前から明白であり可能でもあるのにまだそうはなっていない。

日本が動くのは事故の後。事後の後にもうどうにもならないと追い込まれて手遅れとなった後に自発的にではなくやむなく動かされるという特徴をもっています。

 

失言迷言オンパレードの静岡県知事川勝平太さんが数十年前にひとつだけいいことを唱えています。それが「富国有徳」。徳をもって国を富ますという意味なのでしょうが、さすがというのかその筋道、有徳がいかにして富国につながるのかは一切説明されていない、ただ字面だけ。そのせいか富国が徳をもたらすといった金持ち喧嘩せず的な解釈を呼び込んでしまうし、実社会もその傾向をみせています。そのことはおいておいて、字面ではない「富国有徳」の道筋を見出すことは有益であり今の日本に必要な最善手なのではないかとおもいます。

 

2024年問題とは生産年齢人口の減少により起こる問題でも、ましてや労働時間に上限が設けられることでもなく、搾取構造の是正にともなう日本社会の甦生にあてられるべき言葉であるとおもいます。

メディアで「搾取」と公言されないことが不可解でならない。