読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

宇宙をつくる狂乱の舞踏

ビックバンの起きる前はどんなだったのでしょう? 宇宙はどのようにはじまったのでしょう? 世界はどのような姿をしているのでしょう? と素朴に起源について思いを馳せたことが一度はあることでしょう。 わたしは折りに触れてたびたびはじめから考えてみま…

Blogの中の御化学

お化けの異常な日常 その多くはブログを更新して2分以内。誰かがはてなスターを付けたよ~通知が届く。それも時間帯に関わらず。 わたしは何曜日の何時にブログをあげるとアクセス数がうんぬんかんぬん気にせず書いたら公開。そのほとんどはめんどくさくなっ…

ケンホウあそび

今日はみんな大好き『ケンホウあそび』について。 えっ?知らないって? そんなことないよ~みんな知らず知らずのうちに一度は見たことあるって。もしかしたら今もプレイ中かもしれないし。 それではどんなゲームだったかおさらいしてみましょう! ゲームル…

ニュータイプはサトリ?宇宙人はサトラセ?では、人間は…サトラレ!?

意思の際限なき疎通と自由なアクセス権 美女(みめい)さんから頂いたコメントを読んで考えてみましたエントリにさらに「秘密と隠すことは違うのかな」とコメントを頂きました。 なぜ気づかなかったのでしょう?秘密は自存・自活・自生的なものであるかのよう…

『秘密』のコメントについて考えてみました。

わたしの言い訳コメンタリー 美女(みめい)さんに『秘密の力』というエントリにコメントを頂きました。 パブリックでも秘密は必要なんじゃないかな。暴力でしか暴けないかな?病名を秘密にすること、衝撃をなるべく低くするための秘密について考えて まとまり…

カッコつけて言ってみる

現象の逆撫で 『SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』を見ていましたら「人は落ちるから死ぬんじゃない。地面につくから死ぬんだ」という(ホームズがマインドパレス内で言わせている)モリアーティ教授のセリフがありました。 『トイ・ストーリー』に「…

期待の望

のぞみのひかり 期待する者のつとめはその時がくるのを待つこと。 期待される者が背負い込むのはその時まで待たせること。 待望は待ちこがれた先にある宿望。 待てずに口を挟むのなら、その冀望は要望に変わっているし、言うとおりにしてほしいと所望するの…

思考遊戯

発想のカケラたち 死亡遊戯 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 発売日: 2010/11/26 メディア: Blu-ray 映画『テルミン』より、レーニン談 民衆には“電化“が必要 映画『ユリシーズの瞳』冒頭。プラトン 魂でさえも自らを知る…

ついつい対体験。

ついつい対連なり 映画『地獄の黙示録』より、カーツ大佐の『The Golden Bough』の音読。 輪郭のない形 色のない影 麻痺した力 動きのない身振り 映画『カフカ』より、博士の台詞 顕微鏡をどっちからのぞくかによるさ 水の砂漠。冷たい炎。 海のYeah!! アー…

前進する人

壁を抜ける ある人の目の前に壁が現れたとき、その人の取りうる行動は大きく3つ。 壁の前で死ぬか。 壁を壊して進むか。 壁をよけて進むか。 壁の前で死ぬ人は悔やみ。 壁を壊した人は壁があったことを忘れ。 壁をよけたひとはその壁の裏に何があったかを知…

全自動洗濯機

一本道を洗い清める 禊や洗礼(バプテスマ)は水によってなされます。 天上から降り注ぎ地上の穢を洗い清める雨はボタンを押す必要もない強制全自動洗礼機。 最後の誘惑 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル 発売日: 2012/05/09 メディア: DVD どんな…

幽霊には足がない。人間には糸がない。

円山応挙さんが初ではないにしても、画家が人物画から足を奪うことで幽霊になった。 幽霊が人間になるのに足りないのは足。 足を得るのに必要なのは自分を生んだ画家。 マリオネットがみずから糸を断ち切ることで人間になった。 人間がマリオネットになるの…