読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

芸術-音楽

構成の良いコンセプト・アルバム

CDの売上げが落ち込み、音楽はネット配信のもので欲しい曲だけを買うというのが今やフツーとなっている若者には今やもうなじみがないのかもしれませんが、音楽の販売には大別してシングルとアルバムとがあります。 「ベスト・アルバム」といってヒット曲を集…

わたしを異界に連れてって

『SWITCH インタビュー達人達(たち)「松岡正剛×コムアイ」』でコムアイさんが「…境界をあいまいにするためには異界に連れて行かなきゃいけなくて…」「…生活の中で異界のドアがふうっと現れたり…」と「異界」という言葉がところどころで出てきてとても印象…

「ド」を待ちながら

土着の音。土でできた詩人。 ゴドーを待ちながら 作者: サミュエルベケット,安堂信也,高橋康也 出版社/メーカー: 白水社 発売日: 2013/06/18 「詩人」という言葉の響きに反して詩人はあんがい土くさい わたしのように音楽に疎いと「ピアノの詩人」という響き…

たったこれだけ!「のどが開いて」高音も低音も…歌唱力あがっちゃうかも!?

「舌を巻く」だけで舌を巻かせた!? その後いかがですか? みなさま舌を巻いておられるでしょうか? 先日「薬は舌を巻きながら飲むと飲みやすい」というはなしをしました。 そこで今回は、これはわたしの単なる感覚で、生理学的にも医学的にも根拠があるの…

報酬過多のハイパーソニック流行(ブーム)

ハイパーソニック・エフェクトの衝撃 水中であったり計器を用いれば可視化することができますが、音速を超えて衝撃波を生じるソニックブームは目には見えませんが大音響をもたらします。 ハイパーソニックな効き目 ひとの可聴域を超えた高周波音のハイパーソ…

秋の音。冬の声。

秋の夜長の虫の音。とくにお気に入りは「ピッピリリッ」マツムシくん。 都市部ではもうほとんど聞かれないようですが、こちらでは増えているような気がします。去年の主役はカエルくんで、今年はマツムシくんに交代したような気がします。 澄んだ秋空宵のう…

印象的な音たち。

今週のお題「私のテーマソング」 梯子を架けなければのぼれない屋根裏にどうにか吊り上げて安置された。 祖母が亡くなって役目を終えた木製の機織り機。 覆いの布とほこりをかぶってねむっている。 昔ながらの祖父の家できく。 ツクツクボウシが退場したあと…

みなさま、忘れちゃ〜いませんか?

トピック「好きなギタリスト」について ジミヘンさんにサンタナさん。クラプトンさんにフリードマンさん。Charさんに押尾さん。 ジャンルもタイトルもさまざまで、みなさんも一人にしぼるのはむずかしく心苦しいとはおもいますが… わたしはTHE ALFEE坂崎幸之…

情景の浮かぶ音楽

絵が描く音楽 音楽オンチのわたしでも絵が見えた曲があります。 それは「展覧会の絵」……ではなくて(展覧会場と絵に近づいていく情景は見えるんですが、肝心の絵を見ることができないんです…)、『シャイン』や『のだめ』、フィギュアスケートなどで使われた…

「全曲集」にはない幻の名曲!

ウマ好ギ 前川さんにとって旅番組はいいリハビリになってるように思います。 番組がはじまった当初はピンポン苦手で押したがらなかったし、やや潔癖症だからすすんで握手しようとしてなかったでしょ? 食の好き嫌いそこそこ多くて、苦手なもののとき当初はあ…

統合芸術なんだなぁ、きっと。

集中して聴くとガッカリするけど、映像とあわさると、とたんに魔力を発揮する歌。

音楽の授業って…

音には敏感ですが音楽の素養がありません。スコアが読めたらもっと世界が広がっただろうなぁー。

クラシック音楽。

スクリャービン弾きのはしるホロヴィッツ。ソフロニツキーよりジャジーでかっこいい!