読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

人権のベネフィット

わたしは「パイの拡大」「パイを奪う」「ペイする」「それじゃあペイできない」とパイパイペイペイヘイヘイホー言う方を好みません。 パイやペイと名指されたものがモノではなくヒト・人格を指しているときなどはとくに嫌悪感が湧出します。間欠泉です。 人…

話してみたら意外と…かもしれない。普遍の共通項

不変で普遍なものを求めて 「倫理観が問われる」は、その社会の常識・慣習に適うか否かを問うこと。 「倫理学が問われる」は、倫理とはなにか、倫理は学たり得るか、倫理に普遍はあるかといったように、倫理そのものを問うこと。 普遍探し シミュレーション…

盲目の善人

善人の条件 善人の条件:悪を避け、悪を行わない。 前提:諸悪の知識を有する。善を行うには悪を避けるために善悪両方の知識、善と悪の境を知っていることが求められるから。善は悪をもって、悪は善をもってはかられます。善のために悪が必要ですから。善人…

知的生命体はステキ生命体じゃない?!

無知な人知と無茶な全知 知的生命体はその知性をもって知性の無意味さを証明するに至り知性を捨てるに至った。 もって知的生命体は無知的生命体となれり。 知性をもって知性を滅する。(仏教的?) 解脱は輪廻から外れること、生まれかわらないことですが、…

道々に満ち満ちている道は密の味がしない。

修行知 悟りに至るに二道あり。 一つは知の道。 一つは不知の道。 しかし二道は一道なり。 つまり不知の道。 なぜなら知らないということ、知りえないということを知ることになるから。 不知道 知っていることを知り、知らないことを知っている:知の道 知っ…

無の落ち着かなさ。消えない瑕疵。

不要なき一つの扶養世界 原点はx、y、z軸の交錯点。 0はすべての次元の接合点。 ない・0は時間や空間が何もない状態ですが、その隠された力ははかりしれず、実はとても大きなエネルギーを内蔵した状態。 生じたものをなくすることはできません。 そのものは…

欲動渦巻く世界にな〜れ!

欲にまみれた世界 適者生存は生存に適する者が生き残るということですが、ある種、生に執着したから、生を欲したからともいえるのではないでしょうか。 ある生物種が生き残るということは、その種の欲の継承と深さを意味するのではないでしょうか。 またその…

道徳の淘汰説

それは事実か道徳か意味か 初期の人類は共食い、カニバリズム・アントロファジー、つまり食人傾向があったそうです。 死肉は逃げませんし抵抗しませんから容易に手に入るでしょ?これは非常時に限らず常時おこなわれていたようです。 意味になる事実 近年の…