読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

非戦闘聖域

その他 その他-雑感

生きづらい砦

 戦場になった天守というのはあるでしょうか?

 

 進軍の勢いをそぐためにズラして架けられた幅の狭く急な階段や見通しをわるくした廊下など。

にっぽんの名城 現存十二天守

にっぽんの名城 現存十二天守[DVD-BOX]

  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2009/03/05
 

 

 戦国の世ではいつ昨日の友は今日の敵となるやもしれず、また、交戦中に交渉に来た敵将に城内部を見取られることもあったでしょう。

 手間に見合わない配慮なのだったのではないでしょうか?

 

城主の命を削る味方?

 天守が平和な時代につくられたにしても、倉庫・食料庫・武器庫だったとしても、一度も戦場になったことのない天守にさまざまな仕掛けを施して意識的に動線への配慮を欠くことは、天守で生活するということはあまりなかったでしょうが、(信憑性は定かではありませんが)右利き優位社会で小さなストレスを蓄積してしまう左利きの方が短命あるいは事故が多い傾向にあるように、命数への弊害の一助を担っていたのではないかとおもいます。