読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

うどんもおいしいお蕎麦屋さん

 イベントごとというのはつづくもので、葬儀・法要・披露宴・その他、「都度、帰るのめんどいらえぇ~。部屋空いてんだから(諸事情により空き家となっている実家)使えばええじゃん。」ということで「そぅお~」と旅程ひと月ほどのイベント固め打ち静岡ツアー。

 県内での移動が多く、食事はもっぱら外食。そこで発見おいしいところ。

 

 最近では「麺」といえば「らーめん」のことを指すようですが、わたしは蕎麦派なので「麺」といえば「蕎麦」。

 食にあまり関心がないのでわたしの意見が通ったというわけではないのですが、これまた「麺」といえば「らーめん」ではないうどん派がいて、その提案によりそばもうどんも食べられる「そば処 戸隠」へ。

 

 そばといえば岩手か島根か長野あたりを連想することでしょう。

 さらに「戸隠」ときたら長野。

 何年?

 いや何十年と行っていなかった「戸隠そば 本店」。

 前からこんなに明るくてキレイだったっけ?

 もっとくらぼったく、またお値段が少々割だ…という印象があったのですが払拭されました。

 

 それからおよそ1週間後。

 今度は「そば処 戸隠 松富店」へ。

 ここはすごい。

 おそばがおいしい。

 天ぷらの揚がりがいい。

 一緒に来た「山かけ」を頼んだ小学1年生いわく「おばあちゃん。ぼくこのとろろ今まで食べた中で一番おいしい」とのこと。

 わたしそば派、それに麺類は「つめたい」のと「あたたかい」のとでは迷わず「あたたかい」のを選んできたのだけれど、「次はつめたいおうどんにしようかなぁ」と思わせる味と食感(食べ切れずに残したうどんを2、3本いただいた感想です)。

 うどん好きのひとたちはこのようなうどんのことを言っていたのかな?とおもい、それなら納得。うどんもおいしいわ。

 おそば屋さんでうどんのおいしさを教わりました。

 

 

 「本店」と「松富店」とは名前も同じ「戸隠」ですし、メニューの感じ(写真など)もおなじなので同系列のお店なのでしょう。

 同系列なのでそば・うどんの粉の配合などはおそらく同じだと思うので、差が出るとしたら「こね・練り・ゆで」あたりの違いによるのではないかとおもわれます。

 素人からするとそんなところで違いが出るの?という感じではありますが、「松富」の方が「本店」よりもう一段おいしいと感じました。

 

 "味"という主観によった測りづらく好みも分かれる感覚のことですから、真逆の評価をされる方もあるでしょう。「本店」へと行ったのは閉店間近のことで条件があまりよくなかったということもあるでしょう。

 

 興味を惹かれた方で静岡市にご用向きの方は比較してみてはいかがでしょうか?

「はてなスター」の「ページ読み込み時間」に及ぼす影響について(多分に私感)

 ブログの表示速度ってどんなもんだろう?

 なにが足を引っ張っているのだろう?

と『GTmetrix | Website Speed and Performance Optimization』の「Waterfall Chart」で視覚的に確認してみたところ…

続きを読む

天才をつぶす大衆

 「はやすぎた天才」と言われるけれど、天才からしたら「時代も大衆も十分おそい、おそすぎる」。

 

 「世間知らずな天才科学者」と言うけれど、「大衆、世間が天才科学者を知らない」のであって、知らなければならないのは世間の方。

 

 「常識のない、常識の通じない天才科学者」と言ってしまうけれど、常識に染まっては大衆に同化して突出せず、天才とはなりづらい。

 

 また同様に「妥協しない天才、天才でも妥協が必要」と言っているけれど、妥協続きで天才を大衆化していたら、天才は出づらく、また生きづらい。

 

 「大衆も理解できるように、大衆の理解を得られるように」と数少ない天才に"降りてくる"ことをすすめるばかりで数の圧倒的に多い大衆に"登る"ことをあまり説かないのは大衆の怠慢。

 なぜ下に、なぜ後ろに合わせなければならないのか。

 

 時代を先駆ける天才は未来を見ていて、その夢想の未来に生きる、わたしたちとは相対的に時間経過のはやさの異なる、いわばタイムトラベラー。

 そんな未来人な天才に「降りてこい」と「大衆の理解を得られるように説明する必要がある」だとか「ゆっくり土台を固めてから」だとか言うのは「考えるな」と言っているようでもある。

 

 たしかに、危険な技術や知識はあります。高いモラルの要求される場面があります。

 また、「大衆の自力での理解」と「天才が降下して説明する」のとでは大衆が理解するまでの期間が後者の方が短く効率的でしょうが進歩は遅れるでしょう。天才・未来人の時間を奪って大衆・現代人になることを強いるのですから。

 

 生前名声を得た天才より、生前不遇であった天才により惹かれます。

 生前より名声を残せた者は近未来の見えていた天才・近未来人であって、生前は理解されず、死後、それもだいぶ後になって時代がやっと天才に追いつき、見直されてその功績が讃えられる(ゆえにあまり知られない、後世でも大衆の間での認知度が低い)天才・真(・進・深)未来人には遠い未来が見えていたのだとおもうから。

 

 また近未来人は真未来人よりはお金へのがめつさ、執着がつよく、癇癪持ちで性格がわるいひとが多い傾向があるようにおもう。

 反対に真未来人は近未来人よりお金に無頓着・無計画で金勘定が苦手、無邪気で性格のいいひとが多い傾向にあるようにおもう。

 

 スケールが大きく荒唐無稽に見えるのは、現在とその構想されている未来までの距離が遠いから。だからほんとは荒唐無稽なのではない。ただそれを聞かされたひとの思考がその未来にまで届かないだけ。

 

 未来までの距離が遠くスケールの大きな構想を抱いているから器が大きく、現代のお金のことにはあまり目が向かず、未来の世界、ひとの役に立つことをより優先するのでしょう。

 

 芸術の世界でもおなじような傾向がみられます。

 フェルメールやゴッホをおもってみて。

(ピカソとかは入れないで。話ややこしくなるから。)

 

 ということでわたしはエジソンやジョブズが苦手(というよりキライ)でテスラにより惹かれるのでした。

 

 というのが『フランケンシュタインの誘惑 闇の事件簿「ゆがめられた天才 幻の世界システム」』をみていておもったこと。

初リジェクトされた3つ目のLINEスタンプの申請からリリースまでをちょいせつ(解説)

目安は1週間!

【LINEスタンプが承認されるまでの流れ】

  • 2017年4月19日水曜日14:00ごろ 申請する
  • 2017年4月21日金曜日16:00ごろ リジェクトされる
  •  2017年4月21日金曜20:00ごろ 画像を差し替え再申請する
  • 2017年4月26日水曜日19:00ごろ 承認される
  • 2017年4月27日木曜日21:00ごろ リリースする
  •  2017年4月27日木曜22:00ごろ LINE STOREに反映される

 

 リジェクトされたイラストについてはこちらをご参照ください。→「LINEスタンプの審査にかかる時間は今、結構そっこうコケコッコーなり。

 

 

 リジェクトされなければ申請出してから6日

(その根拠はこちら→「LINEスタンプ審査員に休みなし!?」)

 

 申請出してリジェクトされて再申請を要しても7日

 

 なのでLINEスタンプの申請からリリースまでにかかる期間の目安は1週間といったところでしょう。

 

 ただしこれはLINEスタンプとして申請した画像をすでにブログなどで公開し、LINEスタンプ申請画面で「作品が確認できるURL」のところに画像が確認できるURLを通知している場合の目安です。

 「画像の事前公開&URL通知」で著作権等の確認がしやすくなるため承認までの期間が短くなるのであって、そうでない場合はもう少し時間がかかるものと思われます。

 

色味が地味な鳥と昆虫たち

 では次に、今回リリースした3つ目のLINEスタンプ「小ジャレた鳥と昆虫館」の生き物たちのご紹介です。

小ジャレた鳥と昆虫たち

 さすがに色味が暗いねっ。