読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

なんてタイミングなのでしょう!

物語 物語-日記

 そっち系のことはあまり…というかほぼ信じてはいないのですが、ここ数年、いや数十年、わずかに遅かったりちょうど一足はやすぎたりとなにかとタイミングが合わず、"ズレ"たままなので(タイミングばかりか認識や感覚がズレているようなので救いがないですけれども)、これは儀式というか形式的にやっておいた方がいいのかなぁ〜?お祓い的なもの。

 

 ということで、以前、といってももう10年以上前のことですが、同様にそっち系のことには疎い姉が、その頃いろいろと重なって滅入っていたので、普段であれば訝しがって聞く耳を持たなかったでしょうが、時期が時期だけに、折しも知人から聞いたあるところにお祓いしてもらいにいったという話を覚えておりましたので、この話を覚えていたということもあり、なにかひっかかるものがあったのでしょう、場所を聞いて私もお祓いしてもらおうと話を聞いてみることにしました。

 

 このことは以前聞いていたのですが、そこは良心的(?というか本来はそういうもので、どこもそうではないから相対的に"良心的"に見えてしまっているというのが実状なのではないかとおもうのですが)で玉串料というのかご祈祷料というのか、そういったものの"料金体系"が設けられておらず、「お気持ち」だけで料金はいくらでも、もちろんお支払いしなくてもよいというところだというのです。

 とはいえ"相場"というのか、たいていは3,000円ぐらいだったかな?を納める人が多いということでした。

 年の割にそういったことには縁がなく、これまでご祈祷・お祓いの類のものをして頂いたことがなくわからなかったのですこし調べてみましたら、一般的には5,000円〜といった感じですから、そのことを鑑みても良心的な感じがします。

 

 また人づてに伝わってくるほどですから無名ということはなく、知る人ぞ知る!といった感じで効果覿面!…のようなのです。

 

 これまで当たると評判の占いであってもことごとく"ハズ"されてきたこのわたくしの闇雲運勢。

 次こそは1つぐらいは当ててちょうだい、1つぐらいは的を射てはくれまいか?との思いが数年おきに高まって、リベンジ的にいくつか試してきたのですが…全滅。

 そういえばまだお祓い・ご祈祷の類は試してなかったわ。ということで今回はこっち系にしてみようとおもいました。

 

 それで場所を聞こうと電話したところ…なんてタイミングでしょう!ちょうど今日、そこに伺うというではないですか!姉はあれ以来、毎年そこへお守りをいただきにうかがっていたそうなのです。知らなかったわ〜&もうすでにタイミングが合ってきたんじゃあないの?という思いがいやがうえにも高まってきます。

 

 それじゃあ善は急げ!今日一緒に……あっうん、そう…へぇ〜…。

 

 その方はちょうど先日亡くなられたそうです。

 それで今日は前から頼んでおいたお守りを受け取りに行くのだということでした。

 なんて日だ!

 なんてタイミングだ!

 ちっくしょー。

 

 まだ当分、おそらくは終生、わたしのタイミングはズレたままのようです。