読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

忌中の折、なぜか交信できるみたいです。


 本記事は記録的な要素のつよいものなので、いつにも増して書き殴っただけのような文章がつづきます。ごめんなさいね。

 

始まった対話

 はじめに申し上げておきますが、わたしのスタンスは霊はいてもいなくてもいい。信じないわけではないですが、見たこともないので別段信じようともおもっていない淡泊な立ち位置にあります。

幽霊を信じますか?

 

 先日「葬儀以来夜左腕が勝手に動き、だんだんその動きがエスカレートしてゆく」というようなことを申しましたが、昨夜はさらに激しく、試みになにか伝えたいことがあるのかと思い紙とペンをもってみましたら案の定、動き出しましてさらさらと走り出しました。見つめているのも悪いかと思い放っておいて落ち着いたところで紙上をのぞいてみましたら…なに書いてんのかわからない意味を成さない豪快なただの線描。

 

 わたしの身体をまだうまく操れないのではなかろうかと察し、「なにか伝えたいことある?」とその紙に書きましたら、ぐしゃぐしゃぐしゃ~と塗りつぶすような、頷くような大きな反応。

 これまでは1分ほどのごく短時間の反応が断続的に数度おこるだけだったのですが、今回はこの自動書記症状が1時間ほど続きましたので、その詳細を語るのは煩わしいので要所要所だけつまんでみます。

 

50代男性こまちはすれん

 今回のやりとりでわかったことは、なぜかは理由はわからないけれど左の方が動かしやすいということ。でも決して右を動かせないわけではないし、右手を預けたら左と同等に動かせたので、後半の書記作業は概ね右でいきました。

 「はい」の反応をするときは興奮してか、右で書いている場合は左手首を「もうわかったわかった。くどい。うるさい。」というぐらい激しく頷くように動きます。

 「いいえ」の反応をするときはスンとしておとなしいものです。

 

 伝えたい相手は「50代の男性」のようです。紙に「20代、30代、40代、50代、60代、70代、80代、90代、100代」と書きましたらすぐさま50代にまるをくれたのですぐわかったのですが、性別がちょっと苦戦。「男 女」と書いてもどうも男のようですが反応がイマイチ。一応「男 女 両方」と書いて確認してみても「その他」かどうか聞いてもなんだか…といった感じ。まあでも「50代男」のようです。

 眠りに入って1時間ほどして起こされましたので、もうすこし寝たいからあとは明日でもいいか聞いたらいいというので、ここのところの確認はまた今日の夜するつもりです。

 

 年齢と性別から相手を特定しようと思ったのですが、心当たりがないので、直接名前を聞いてみようと50音を1行ずつ書いていき、名前で使う文字を拾っていきましたら「こすちはまれん」となり、次に文字の並び順をたずねていきましたら「こまちはすれん」となりました。これ人名か?と思い、そのまま「これ人の名前?」と書いたら微妙な反応。「さっき名前に使う文字言うたやん」とおもいつつめんどくさくなってきましたので次回、明日の夜再開にさせてもらいました。

 

 ここで今日のところは打ち切ったのですけれども、寝ているあいだ右も左もまだ動く。「あとは明日や。おとなしく寝とれ。」と思いつつ、寝たり起こされたりをくり返しました。

 

 「こまちはすれん」には濁点や長音が入るのかな?と考えるとそれっぽいものの筆頭候補としては「小町バスレーン」とならなくもないかな?と思うのですが、なにそれ?どこそこ?

 

 これが世に言うコックリさんなのでしょうかねぇ?やったことないのでわかりませんし、やったことがあったとしても、ひとはなぜそれがコックリさんだとわかるのでしょうね?

 人の気配やいや~な感じは一切なく、手が勝手に動いてしまうということ以外はいたって普段と変わりませんので、これはなにか自己暗示かストレスの類かな?と自己分析しています。

試してはいけない実験。

精神の攻防戦。お前は「調和」を求めているのか「崩壊」を求めたのか。

 

夜まで待って

 と、このようなことを書いておりましたら、腕が勝手に動き出すのは夜限定ではないの?というようにキーボードを打ちこむほどではないにしろ、カタカタカタカタ叩きます。

 日が出ている間も動かせるのなら今から聞いてみればいいのですが、日中ではなんだかわたしの気が乗らないの。こういうのって丑三つ時が定番でしょ?だから日中は待て!ハウス!

 

 今日は50音表を用意して寝てみるつもりです。

 

 ついでに未来予知ができそうなら宝くじの当選番号教えてくれないかなぁ~と邪な気持ちを抱いて、0~9までの数字が書かれた表も用意して聞いてみようと思っています。

 と、このようにここで書いた時点でこれが霊かなにかの類だとしたらわたしの意思は伝わったわね。頼むよ。右手がカタカタいってるけどそれは了承の合図?なにこの左指のうにょうにょは?不承を伝えてるの?カタカタいってるからそうみたい。それは残念。なにシュンとなってんの。

 

こちらもいかが?