読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

ダンスホールに琥珀色した魅惑の飲みもの。他が名はコーヒー。

物語 物語-日記

コーヒーマンボ

 そのスーパーにはお一人様1杯の無料コーヒーのサービスがあります。

 液晶のボタンを押すとその場で豆をひいて抽出するので小さな紙コップ1杯分が出されるまでにはおよそ1分ほどかかります。

 このコーヒーがイイ。

 

 タダだからよけいにおいしく感じているのかもしれませんが、おそらくそんなことはありません。

 味がすこし粗くちょっとだけイガっとするけれど、ちゃんと濃くてインスタントコーヒーよりちゃんとにがみがあってよい。

 

レギュラーコーヒー

 やっぱりわたしゃぁコーヒーにはすこしくらい味が荒くなろうともパンチのある苦み・濃さがほしいのです。

 でもお茶といっしょで酸味はイヤよ。

 

 人が淹れているのにひどいコーヒーってあるでしょ?

 この機械はふつうの人がふつうに淹れるよりかは断然おいしい。

 だからこのコーヒーが今、わたしの基準。

 この味を超えられないなら売っちゃだめ!っておもってしまうの。

 

イレギュラーコーヒー

 わたし史上最悪なコーヒーは100均の輸入もののインスタントコーヒー。

 

 どうしたらあの味がだせるのか逆に不思議。

 そしてどうしてこれで売れる・売ろうと思ったのか?生産者やバイヤーに「味見した?」と問わずにはいられないほどこのコーヒーに関わっている方々の感覚を疑わせてしまう魅惑の味覚。

 

 少々、いやだいぶまずいものでも貧乏性のもったいない性ですからこれまで消化試合でもほぼすべて消化してきましたが、あれはごめんなさい断念しました。

 あれはもう罰の域。

 

こはく色した粉もの

 ただ捨てるのもしのびなかったので、植物の肥料にでもならないものかとおもい、ミドリさんの鉢にあけて土に還っていただくことにしました。

 

 これがまたひどかった。

 インスタントコーヒーって溶けてくれるものでしょ?

 いっぺんに1瓶あけたから量が多いということもありますしコーヒーは油分が多くて溶けづらいというのはわかりますが、それにしてもそんなに溶けないもの?

 水をあげてもまったく溶けやしない。

 

 高温で一度溶けた砂糖菓子のように表面がところどころキラキラ光って「わぁーきれい」ってなるかぁー。

 触れるとベトリ。

 「あれっ?砂糖入りインスタントコーヒーだったけ?」とおもわせるほど。

 

 瓶から出すときにはすでにこの片鱗の塊みせてましたけどね。

 スコップで土に混ぜ込ませようとしてもうまくばらけない。

 

 このコーヒーもどきの琥珀色した不思議な粉の最大のえげつなっ!ポイントは何を隠そう、隠しようがない、その香り!

 この香りコーヒーに非ず。

 すーーーっくなくともわたしの認識しているコーヒーにはない。

 ちょうどいやらしい甘ったる〜い匂いで、ぎりぎりむせない趣味の悪い芳香。

 

 仕方がないので土ごと鉢ごと外に移しました。

 あのとき植わっていた植物はやがて枯れました。

 

こはく色した液もの

 次に最悪なのは(←「次に最悪」って形容矛盾ですからブービーと言った方がいいのかな)コーヒーポットに入れて延々温め続けられているコーヒー。

 

 風味も味もすっかり消えうせて、色つきのお湯を飲まされているような感じ。

 白湯ならまだまろみも風情もあっていいのですが、これにはない。

 これをコーヒーと呼んじゃダメ。

 これをして「コーヒーあります」とドリンクバーのラインナップに入れるのはいただけない。

 この光景を見るとそのお店を信じられなくなります。

 

ストローク・コーヒー

 もう半年ぐらい前でしょうか、ロイヤルホストのコーヒー豆が変わってしまい、ちょっとだけ好みからはなれてしまいました。(でもまだココアが健在なのでその地位は揺るぎませんけど。)

 

 コーヒーもココアもそうですが、なかでもカフェラッテを出すときが一番危険ですが、カフェラッテのボタンを押すと…

 

「シュゴーーーーーッ。ン、ガチャッ、ジョバボバボバーーーッ。ン、ウィーン。」

 

という一連の機械音とともに飛散するミルクの白い蒸気とエスプレッソの黒い滴。

 ノズルからカップまでのストロークが長く、そのために飛沫量が多い。

 

アイス問題

 白い衣装を身にまとい正面でコーヒーがサーブされるのを待っていると悲惨な目にあいます。

 ストロークもすこし短くすればもすこし穏やかになるとおもうのですが、そこには「アイス問題」が横たわっているのです。

 

 アイスコーヒーにする場合、カップより「少し背の高い~あなたの」グラスがあるものですから、ストロークをカップに合わせるとグラスが入らなくなってしまうのです。

aiko まとめ

まとめ?(通常盤)

 

 

 それならホットとアイスとで出口変えたらどうかな?とも思うのですがコストや手間やらを考えるとそうもいかないのでしょうね。

 でもでもアイスコーヒー結局「ホットを氷で冷やしてね!」という仕様じゃなかったかしら?

 アイスはホットよりも味を濃いめにしているとかあるのかな?

 そうでなければなにか他にも手があるんじゃぁないかなぁ~?

 

 これにて今日のダンスはおしまい。