読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

雨漏りと火の用心

物語 物語-日記

水に火の用心!

 玄関灯がよく切れます。

 今年でもう何度目でしょう。

 

 塞いでも塞いでもあちらこちらから雨漏り。

 雨があがって1日・2日しても滴っているところもあるぐらいで。

 玄関灯付近の見えないところで水漏れかなにかしているのかな?

 

心配いらない怪現象?

 調べていただいたら漏電はなく、また、もし漏電していても安全な設計というか機構が組み込まれているようなのですが、説明を聞いても電気についてはとびきりよわいので、なんのことやら…かろうじて心配ないということだけわかりました。

 

 ただし不可解な現象がありまして、どうやら日に何回か電気機器の使用に関わらず、電圧が0になっているようで、かといって電気製品使っていてもなんの変化も影響もないという、なにこれ?という不思議現象が起きておりまして、それ以来、電気に詳しいとおもわれる方にあうとうかがってみるのですが、わかるひとはおらず、何年も放置したままにしているのですが、これが玄関灯になにか関係してる?

 

火に用心

 あやしいところや心当たりがいたるところにあって修繕も解明も放棄。

 まあ火さえ出なければいいかな、と。

 

 本や衣類などすきまなくはめ込んだ大変燃えやすい狭い部屋に可燃物な名前をもつ者が寝ておりますので、季節柄にも火の用心だけは心がけようかとおもいます。

 氏は水性、名は可燃。燃えたり消したりなんだか忙しい名前です。