あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

2015-10-09から1日間の記事一覧

解脱前の離脱。

ここひとつきほど死に近づきすぎてちょっと疲弊…。 スイッチ入ったまま死前硬直してなかなかスイッチ動かなかったけれど、どうやら解凍されてきたみたい。 死を離脱してエランヴィタール傾向。

2人のおじいさん。そして3…。

酒飲まずのおじいさん。 おじいさんは肺を患うまで煙草を手放しませんでした。 親族共通のおじいさんの喫煙風景の記憶は、煙草を吸うたびにウォッホン、ウェッホン…ヴェッッッフォンと今度こそは死んでしまうんだなと思わせるほど、後にも先にも他では聞いた…

届けない手紙。ことしの夏音。10年後の声。

1歳と3歳のお子をもつ親戚たちとお食事をしたある日のこと… お子様ランチがあるとおもったのですが、おとな向けのおとなのボリュームのランチしかなく、お子たちは食べきれないでしょうし、わたしもそれほど食べる方ではないので(昔から喉が渇くだとかお腹…

我輩の辞書に「貿易」の意味を加える。

貿易って…なに? 貿易とはなんでしょうか? より配当倍率の高い機械製品を輸出するために国内の農作物の生産量を抑えて見せかけの不足・意図的な食料自給率の低さを演出して外国産の安い農作物を輸入しちゃうようなトレードオフしてませんか? いったい貿易…

印象的な音たち。

今週のお題「私のテーマソング」 梯子を架けなければのぼれない屋根裏にどうにか吊り上げて安置された。 祖母が亡くなって役目を終えた木製の機織り機。 覆いの布とほこりをかぶってねむっている。 昔ながらの祖父の家できく。 ツクツクボウシが退場したあと…

産業労働者会から広告至上主義社会へ。そして…

広告優位社会の導き あらゆるものに価値の値札をつける社会。 資本主義にはそんな一面もあるのではないかとおもいます。 いかに利用価値のなさそうなものも、アイデアや利用の仕方を抱き合わせ商品にして値をつけます。 売り方や宣伝一つ。 これは価値のない…