読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あめみか

「雨はいつもわたしのみかた。」 … 思想・哲学・世迷言からイラストまで、多岐にわたってたいへんくつに綴っています。

小ジャレた魚たちをなんとか40匹養殖してLINEスタンプ申請しました。

数で誤魔化したいのかも!?40

 「小ジャレた動物」イラストの【魚シリーズ】をLINEスタンプ申請しようとおもったのですが、40体もおらず(申請するのに必要なスタンプの数は40でなくても8の倍数の「8・16・24・32・40」のうちから選べるのですけれども、「小ジャレた動物」たちはどれもこれもあまりにもくだらないので、どうしても、心境的に申請に必要な最大数の40にしたいという意思がつよくはたらいてしまうのです)なんとか40に達するようにしたいのだけれど、計画も何もなく描きはじめたものだから、下書きとして用意していたのは30体。あと10体足りない。

 かといって今は小ジャレた魚を新たに10体生む気分じゃぁないし、どうしよう…

 

 すこし考えを巡らせると、「そういえば前回スタンプ申請してないやつがあったわ」ということで、余りものの「食エ」「タニまシ」「ネコダマシ」「黒子ダルイ」を引っぱってきてぇ~…も、まだ6体足りないわ。

 

 魚ではないけれどおおきなくくりで水棲生物ってことで、先日色をつけた産みたてほやほやの「ジタバタニシ」と「ズタズタニシ」、それに「堅物り」に「出ん出ん無視ムシ」も加えて…も、あと2体足りない…。

 

 2体ぐらい描いちゃおっかぁー…、でもなぁ~、それでまた変なスイッチ入っちゃうとまた着色作業放置することになりそうだから、やめとこう。

 でもどうする?あと2体。どっかにいない?「お~いっ。出ておいでぇー。悪いようにはしないからさぁ。」

 

 

あっ!

いたわっ!!

あそこにいるはずっ!!!

ほらっ、いたぁー。

 

イラストの取り回し使い回し

床のシミから産まれたアゴが特徴的な「ハプスウツボ」ちゃん

ハプスウツボ

柱の木目から産まれた特に特徴をもたないただただアップなだけでヌ~ンとした存在感の「柱クジラ」ちゃんが。

柱クジラ

 

でも「ハプスウツボ」や「柱クジラ」ではなにもダジャレてないから統一感ないなぁ~。

「(めんどくさいからこのイラストに手を加えずそのまま使えるように)なにか言葉ふってこぉ~い。」

「ウツボ、うつぼ、う・つ・ぼ、…おもうつぼ。思う壺っ!だ。」

でもこれさすがに…ウツボの絵に「思うつぼ」とか文字入れても「思うつぼ」にならないよねぇ…やっぱり描く?

「ムフフッな感じで壺を売りつけようとしている悪い目したウツボのイラスト」今から描く?

うんっ!やだっ!めんどくさい。

 

ハプスウツボからのぉ~…

とはいえこのままじゃあ使えないからぁ…しょうがない。ちょっとだけ、ほんとにちょっとだけ手を加えるかぁ~。

 

の結果できたのが、ひどい手抜きの↓

思ウツボ

 

 

よしっ!

(これで)よしにするっ!!

あと1体。

 

柱クジラからのぉ~…

「クジラかぁ~…。なんかないかねぇ。」

「クジラ、くじら、9時ら?、ぐじぐじラ、くしら、シロナガスクジラ、白髪なすクジラ、しらがねぎくじら、シロガネーゼクジラ、城(が)ながいクジラ、クジラ、くじら、鯨、げい、ゲイ、ホゲイ、ほっとけい、…。」

「ダメだぁ~。なんかいいのみつかんないわ。ちょっと保留。パン食べよっ。」

30分後

「くじら、クジラ、ホエール、ほえーる、…っ!。ほえるっ!」

 

ということで、「ほえる(吼える・咆える・哮える)」に数あれど、絵の感じと言葉の意味・ニュアンスから結果的にちょっとだけ手を加えて、イヌじゃないけど…

吠エール

にしました。

「Yell(エール・声援)をほえーる」

にしようかとも一瞬よぎりましたが冗長に過ぎるので「吠エール」でいいよねっ。

 

 

 これにて40体。

 スタンプ申請しぃよぉっと。

 はいっ、ポチッとな。

 

日がな一日

 今日はLINEスタンプ申請して、あとは小ジャレた鶴と「鳥」にかけた…

横鳥

(「横取り」(奪っている感じ)というより、そっとプレゼントを差し出しているようね…)と

大トリ

(茶系・オレンジ系にしようか白系にしようか決めかねて、mix。顔が白いと不気味になりすぎて、体も茶系だと華やかさにかけるから、豪華な着物を着ているということにしてこうしました。)

 

に色をつけた、そんなしょうもない一日でした。

【イラスト】クモがもくもく這い出てはじめまして

小ジャレた虫たちが蠢きだす

 昨日と今日の二日で「小ジャレた動物第二弾イラスト【虫シリーズ】21体」着色完了いたしました。

 

 茶系ばかりで年寄りの食卓色が出すぎてしまいましたが、まあしかたないよねっ。

 

 「蛾」とか「蚊」とか一字(一語)のものがあったりと、虫の名前はもじりやすいものが多いから、作業中ほかにもおもいついた虫イラストがあったけれども、逐一手を伸ばしていたらキリがなく「キリキリマイキリキリマイ」のフェフがはじまってしまうから、第二弾の【虫シリーズ】はこれにて終了。(第三弾あるのかな?あるかもね。)

 

小ジャレたクモたちのイラスト

あれっ?糸が

足ランかな?

まったく

足ランがな

(↑タランチュラ感がまったく出なかったよぉ~)

 

 

 ここで突然、問題です。

 蜘蛛がしくじるとなんというでしょう?

 

 

答えは

 

 

「スパイダー。すっぱいだぁ~。」

失敗ダー

 

 

 第二弾虫シリーズは21体あると申しましたがここにはクモ3体だけ。残りの18体はどこかというと、以前投稿したエントリに更新などの形で加えました。

 じゃあなんでクモは別扱いなのか?というと、単純にクモ枠がなかったからというだけのことです。

 

 「なにか使えそうなイラストがあるかもしれない」と、今回うまれたイラストをちょっとのぞいてみてもいいかなぁ~とおもわれた方は、すみません、めんどうだとはおもいますがこちら↓からお迎えに行ってやってくださいな。

 

 こうして「回遊率を高めてやろう」ってぇ腹積もりはありませんよ。

 そのうち「無料イラストあり〼」エントリに加えて更新するか、または似たような一覧ページをつくる予定ですが、いまのところはいったんこんな感じですませちゃいます。

 

第三幕開園(演)予告

 「小ジャレた動物イラスト第二弾」はおおまかに、ゆるく【第一幕:魚編】【第二幕:虫(節足動物)編】とすすんできました。

 次回からは【第三幕:鳥編】(25体)の開幕予定です。

 明日にもはじまるかもしれないけれど、そこは気分次第なのでなんともいえません。

 ですからどうぞ幕間をお楽しみ、おくつろぎください。

あなたの近所の金魚

近々の金魚

 およそ二週間ぶりの更新。

 

 「イラスト着色作業…もう飽きたぁ~」心が亢進したために作業が停滞していたというわけではなく、気分が後進してひどく落ち込み、すっかり後身…からの激烈大掃除スイッチONで、連日連夜にわたる大掃除敢行。

 それはそれは激しいもので、朝から晩までずーーーーーっと延々お片づけ。

 おかげで筋肉痛におそわれております。つかれがいっこうにとれません。

 

 おかげさまでやっとこさっとこ大掃除スイッチが切れてきて、こうしてまたイラストにもどってこれそうだという塩梅です。

 

 傍目には活動的にうつるのでしょうけれども、これでもまだ内心の落ち込みようがねぇ~…またいつ中断してしまうことやら。

 

 それで今回仕上げましたのは「金魚」シリーズです。

 「貯金魚」はいま書いていておもいついたのでありませんが、こんなのいかがでしょう?

続きを読む